面会交流支援

TEL:047-404-6660※ご相談はメールにて

応援メッセージ


一般社団法人 営業部女子課の会 代表理事 太田彩子 様 より


NPO法人ウィーズさんの「どんなときも子どもが主人公であること」という理念に共感し、応援させていただいています。離婚件数は 約22万組(平成26年人口動態統計調べ)と言われる現代社会。両親の高葛藤末に残された子どもたちを、私たちはどう守り、その成長を応援できるのでしょうか?

私自身、ひとり親です。しかし息子が大学生になった今まで、「養育してきた自分」という視点でしか子どもを見ることができませんでした。しかし息子とあることで話し合う機会があり、そこで初めて、子ども自身にも意思があること、その意思は親が一方的に創りだしてはいけないものだということに気づかされたのです。
そんな折に、出逢ったNPO法人ウィーズさん。運命的でした。未来を担う子どもたちが、家庭環境に左右されずに健全に生きていけるよう支援することは、私たち大人の社会問題として捉えなければならないと思います。

★一般社団法人 営業部女子課の会
http://eigyobu-joshika.jp/

一般社団法人家族支援メンタルサポート協会 理事長 森 薫 様 より


「子どもは国の宝 子どもは国の未来」
私たち家族支援メンタルサポート協会は、我が国の未来のために、安心して子供を産み、安心して子供を育てることのできる“子本主義”の国を創りたいと願い活動を続けてまいりました。
しかし今、子どもの6人に1人が貧困にあえぐなど、苦戦する子どもたちは増え続けるばかりです。
そういう時代にあって、どんな時にも“子どもが主人公”というNPO法人ウィーズの理念に、心から賛同いたします。 ウィーズが、全ての子どもを笑顔にする“子本主義社会”の実現に向けて、先進的な役割を果たしてくださることを心から願っております。
ウィーズの活動を全力をあげて応援します。

・家族支援カウンセラー ・コミュニケーションセラピスト ・作家
★一般社団法人 家族支援メンタルサポート協会
http://www.kashimen.jp/